大阪と和歌山を結ぶ路線|その地域の特色を理解して中古一戸建てを購入しよう

その地域の特色を理解して中古一戸建てを購入しよう

大阪と和歌山を結ぶ路線

部屋

経由地の沿線

JR阪和線は大阪の天王寺駅と和歌山駅を結ぶ近畿圏の大動脈のひとつで、沿線には数多くの戸建て住宅が並んでいます。全区間で快速電車が運転されており、また私鉄が並走していることから利便性が高く、沿線の住宅は大阪や和歌山へ通勤する方に人気があります。大阪市内では長居駅や南田辺駅の周辺を中心に住宅地が広がり、3階建の戸建て住宅も多く見られます。政令指定都市の堺市に入ると、上野芝駅や鳳駅などの近くに、閑静で生活至便な戸建て物件が見つけられます。阪和線は高石市や和泉市を通って、岸和田市から熊取町へと入ります。このあたりまで来ると自然環境が豊かで、駅に比較的近くても土地面積の広い新築戸建て住宅が販売されています。

利便性と環境

阪和線沿線の中でも堺市西区は、利便性と環境が両立していて人気が高く、新築戸建て住宅が比較的安定して供給されています。売り切れになる場合も多いので、良い物件を見つけたら早めに見学に行くことが大切です。周辺の医療施設や教育施設が充実しているかどうかも、チェックしておくべきポイントのひとつです。関西のJR線や私鉄の中では、阪和線は遅延や運休が出やすい路線と言われています。阪和線沿線の戸建て住宅から通勤する方は、あらかじめ万が一の際の代替交通手段を考えておくと良いでしょう。また特に大阪市内では、「開かずの踏切」と言われる場所が多いことに注意が必要です。近年では再開発工事によって、こうした状況は緩和されています。